【関東1部】第12節 リガーレ、ゾットに勝利し2位浮上 フォトレポート

013

関東1部12節第2試合、リガーレ東京とゾット早稲田の試合は、3-2でリガーレ東京が勝利。前期敗戦したゾットにリベンジを果たした。

開始6分、リガーレが動く。ゾットのクリアミスからボールを奪った碓井 孝一郎がカウンターで運び、前線やや右サイドの位置から上手くシュートを蹴りこんだ。碓井の今季初ゴールで、リガーレが先制した。

026

先制点を決めた碓井 孝一郎(写真中央)。今季初ゴールでチームを勢いづけた。

1分後にはゾットのチャンス。前線右サイドからのシュートパスを、ゴール前の小笹 祐介の押し込み同点。この後均衡状態が続く。

しかし18分には、再び碓井が自身で運び、シュートを決めてみせる。前半終了間際に2-1とし、リガーレが勝ち越しに成功する。

ゾットも反撃に奔走するが、リガーレのディフェンス、ゴレイロ柴田 健司の好セーブに阻まれてしまう。
柴田は試合途中、右目を強打し一時視界に悪影響が及んだが、それでもゾットのシュートをシャットアウトし、チームの守備を底から支えていた。

後半38分、リガーレ・麻賀 郁が左サイドからのパスをゴール前で蹴りこみ3点目のゴール。終盤に2点差をつけるゴールで決定的な仕事を果たした。ゾットも小笹が1点を返したものの、反撃はこの1点に留まり、逆転ならず。

038

終盤、この日2点目のゴールを決めた小笹 祐介。しかし、追いつくことは出来なかった。

勝利したリガーレは、権田と勝点が並ぶ2位へ順位を上げた。6節から7戦負けなしと調子の良さを見せているリガーレ。この勢いを維持したいところだ。

※フォトギャラリーは次ページへ

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る