【関東1部】第16節 リガーレ、ファイルに引き分け足踏み。 -フォトレポート

15k1_16s_liga-fire1213

関東1部第16節第1試合は、リガーレ東京対ファイルフォックス府中の試合。前節首位に立ったリガーレは序盤から2点を先取し優位に立ったが、ファイルが徐々に巻き返しを見せ、3-3の引き分けに持ち込まれた。

開始5分、リガーレのCKから、前線左サイドの岡野 健がボールをトラップ。落ち着いて1テンポタイミングを整えると、冷静にグラウンダーで蹴りこみ、ネットを揺らした。8分には、リガーレの田嶋 健一が追加点を決めて2-0と差を広げる。

15k1_16s_liga-fire0250

2点を先取し、上々のスタートを切ったリガーレだったが…。

しかし、その1分後にはファイルの反撃。ゴール前の真部 祐丈が上手くパスに合わせて1点を返した。
さらに14分には、ファイルの田辺 凌がDFを引き連れながらもドリブルで中央へ入り込む。フェイントで相手をかわすと、すぐさま右足を振りぬき、ゴール左隅を射抜いてみせた。
17分には再びリガーレのチャンス。田嶋のシュートを、ゴール前の松浦 英がヒール気味に右足で逸らしネットを揺らした。これで3-2とファイルが1点差に迫る。

後半しばらくはきっこうした時間が続いたが、残り時間4分からファイルがパワープレーを開始。すると、36分にファイルの田中 惇史が勢い良くシュートを放ち、見事同点弾を叩き込んだ。

15k1_16s_liga-fire1083

ファイルも引かず、36分にはパワープレーから同点に追いついた。

試合は、3-3の引き分けにて終了。リガーレはなんとか勝ち点1を手にしたものの、連勝ならず。2位以下の、優勝の可能性が残るライバルたちを大きく引き離すには至らなかった。

※フォトギャラリーは次ページへ

固定ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る