ゾット、荒木のハットトリックで大逆転勝利

030

第16回関東フットサルリーグ1部第13節。ノーヴォメンテ×ゾット早稲田の試合は、4-5でゾット早稲田の勝利。劣勢から逆転し、勝利を掴んだ。

ノーヴォは今季未だ勝利がない状態だが、唯一勝ち点1を分けた相手がゾット。ノーヴォにとって良い手応えを感じた相手であり、事実、ノーヴォ優位の状態でこの試合は進んでいた。

開始3分のオウンゴールでノーヴォが先制すると、1分後には小沼慎一郎、10分に次田啓示が得点し3-0。前半終了間際にゾットの米谷悟が得点するも、流れはノーヴォに傾いていた。

後半、ゾットも徐々にアグレッシブなプレーを見せ始め、27分には丸山淳が決めて3-2の1点差に迫った。しかし27分にはノーヴォの古矢芳弘がゴール前で勢いよく蹴りこみ、4-2と再び差が広がる

苦しい状況に追い込まれるゾットだが、残り10分を過ぎて怒涛の攻撃を見せる。37分から荒木淳が連続で3ゴールを奪い、土壇場の逆転。

結果、4-5でゾットが逆転勝利を収め、3試合ぶりの勝ち点3を手に入れた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る