【PUMA CUP 2015】名古屋、貫禄の大会3連覇! -フォトレポート

020

3月15日(日)、東京都・代々木第一競技場体育館にて、PUMA CUP 2015 第20回全日本フットサル選手権大会、3位決定戦・決勝の2試合が行われた。

初めに行われたのは、大会3位の座を賭けた町田と浦安の対戦。
試合は開始2分、コーナーキックから直接、森谷優太が決めて町田が先制。9分にも相手ボールを最終ラインで奪った橋本圭吾が直接蹴りこみ、2-0と差を広げた。

後半でも町田が優位に立つ。30分、町田・イゴールのクリアランスから、ゴール前に走りこんだ永島俊がループシュートで流し込み3-0。大きく差が開くと、34分に浦安は完山徹一をゴレイロにパワープレーを開始。しかしその1分後、ボールをカットした金山友紀が無人のゴールへ蹴りこみ、4-0。

浦安も高橋健介のゴールで1点を返したものの、反撃はここまで。結果、町田が4-1と快勝し、見事大会3位の座を掴んだ。

 

そして、残るは大会最後の決戦。頂点を争う名古屋×神戸の決勝戦が行われた。
名古屋は森岡を中心としてシュートを放っていくが、神戸も集中したディフェンス、ゴレイロの小野寺の奮闘で失点を防ぐ。拮抗した展開は変わらず前半はスコアレスで終了となった。

後半、一気に試合が動く。30分、右サイドでセルジーニョがドリブル突破を仕掛けると、ディフェンスを振り切りシュート。なんとかボールはゴールラインを越え、名古屋に先制点がもたらされた。
しかし、この直後に神戸も攻めこむ。速攻からパスをつなぎ、最後は山元優典が押し込み1-1の同点に。

この後も名古屋の猛攻をしのぎつつ、要所でチャンスを狙う神戸。あと1点が欲しいところだが、やはり絶対王者の壁は高い。

35分、森岡薫が左サイド前方で森洸と1対1。揺さぶりをかけて縦へ突破すると、左足一閃。強烈なシュートは見事ゴールを射抜き、ここで名古屋が逆転に成功した。
残り時間も少なくなり、神戸はパワープレーに打って出る。しかしそれを尻目に、名古屋はカウンターからラファエルサカイがネットを揺らし、さらに1点を追加。

これ以上スコアが動くことはなく、試合は終了。終盤、一気に神戸を攻め立てた名古屋が逆転勝利を収め、ついにPUMA CUP3連覇の偉業を達成した。
これで今季、AFCフットサルクラブ選手権、オーシャンアリーナカップ、Fリーグに続き4冠を達成。他を追随を許さない底力を示し、充実の1年を勝利で締めくくった。

次ページのフォトギャラリーもご覧ください!

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る