【Fリーグ2015/16】府中の三井健が全治2か月の負傷

mitsui_fuchu

府中アスレティックFCは21日、FP三井健の負傷状況を発表した。三井は八王子市内の病院で検査を受け、足関節内顆剥離骨折、三角靭帯損傷、フットボーラーズアンクルの診断を受けた。その後、骨片摘出、骨棘切除、滑膜切除の手術を行い、全治は約2か月の見込みとなっている。三井はこれまでにFリーグ通算78試合に出場し、18得点を挙げている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る