U-18フットサル日本代表候補 FP清水和也「A代表の雰囲気を持ち込みたい」

002

 U-18フットサル日本代表候補は21日、茨城トレーニングキャンプの初日を迎えた。キャンプ初日は約2時間にわたってトレーニングを行い、全18選手が汗を流した。Fリーグの舞台でプレーし、すでにフル代表デビューも飾っているFP清水和也(フウガドールすみだ)は、この世代の代表的な選手だ。小森隆弘監督も期待を隠さない、チームの大黒柱候補は、自身に与えられている役割を分かっている。

●FP清水和也(フウガドールすみだ)

――ゴールを量産していた?
「そうですね。昨日、ちょっと悔しい思いをしている分。北海道に負けて悔しかったですし、点を取れていない分、練習からゴールを意識しながらやとうというのは、そうですね。意識しました」

――この前の大会に出ていないため、初対面の選手が多いと思うが?
「そうですね。自分なりに、JFAチャンネルで動画を見たりして、選手たちを確認していました。本当にタレントぞろいなので、いろいろ見ながらイメージしてきました。フットサルの動きになっていた部分が多かったので、相当練習しているのが分かりました。やっぱりFリーグでやっている以上、自分は初日から結果を残さないといけないので、それを意識しながらやっていました」

――植松選手とは話しをしていた? 一緒に組んでいたが?
「はい。最初から常に引っ張っていくという覚悟で彼も来ていると思うので、そこは突きつめながら、見本というか、フットサルをやっているぶん、そこでどんどんアピールしていけばいいと思います」

――フル代表と同じメニューが多かったと思うが?
「そうですね。やっぱりA代表にも参加させてもらった分、いろんな意味でA代表の雰囲気を真似たいというか。U-18もアジア制覇を掲げているので、まずあそこで感じた雰囲気を、このチームにも出せるように持って行きたいと思っています」

(写真/インタビュー 河合拓)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る