【関東1部】リガーレ・麻賀 郁 「今度は僕がチームを助けたい」

042

両者ともに集中したディフェンスで攻撃をシャットアウトし、スコアレスのまま前半を折り返した。きっこうを破ったのは、リガーレのクリアランスから、ゴール前の麻賀 郁が決めたゴール。リガーレの中でも常に仕掛け続けるアグレッシブな選手が、勝利のきっかけを作り出した。

ーーすごく厳しい時間が続いていました。まず試合の感想からお願いします。
「うちは前半をゼロに抑えれば、後半は絶対に勝てると信じてやっていました。負ける試合は大体、前半の終わりくらいで点を取られてしまうことが多い。そこを今日はゼロで抑えて、後半は最初から前にプレスをかけられたので、それが勝因かなと思います」

ーー互いに寄せも速くて、ディフェンスがとても集中していました。得点するのは大変な試合だった?
「そうですね。でも一瞬の判断というか、キーパーが持った瞬間に前に行けば、必ずチャンスはあると思っていたので、そこを信じて走ったら、キーパーからボールが来てくれた。まぁあれはたまたまではあったんですけど、でもあれが入って良かったと思っています」

ーー相手がファイルでどんどん調子を上げてきているチームでしたが、どういう対策、戦い方を考えていた?
「うちは関東リーグ参戦してから、まだファイルに勝ったことがなかった。やっぱり気持ちから、戦う気持ちを見せないと負けると思っていたので、そこをまず見せて。それを出している中、攻撃、守備を修正しつつ戦うことが出来たので、それが良かったのかなと思います」

ーー麻賀選手は、府中アスレサテライトからの移籍。
「そうですね。サテライトから来て、初の関東リーグです」

ーーここまでの手応えや、実感はどうでしょうか?
「とにかくやっていて楽しいですね。楽しんでやっているので、それは続けていこうと思います。チームメイトにもすごく助けられているので、それをまた、今度は僕がチームを助けたいなと思っています。これを続けていけば、絶対に上位にいけると思います」

ーーどんどん仕掛けていくのが持ち味で、それをチームからも求められていると思うのですが。
「そうですね。仕掛ける選手というのが、うちだと僕ぐらいしかいないので。そこはやはり貴重なのかなと。これからもガンガン仕掛けていこうと思っています」

ーー若手からも底上げというか、引っ張っていこうという意識もある。
「ベテランばかり頼っていたらダメだと思うので、若手からも盛り上げていきたいと思います」

ーーここでまた勢いをつけていきたいと思いますが、今後への意気込みがあればお願いします。
「前期は残りわずかですが、そこで全部勝てれば優勝もいけると思います。まず次の権田戦、絶対勝って。準備期間も2週間ありますし、しっかり準備して戦おうと思います」

ーーありがとうございました。

(写真/文 箕輪諒太)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る