【バーモントカップ】ファンアカデミー・鵜飼孝ヘッドコーチインタビュー vol.1

003

ーフットサルをやっているチームが少ない。ー

去年バーモントカップに出て本当に感じたのは、やっぱりフットサルをやっているチームが少ない。去年は優勝した江南南さんに負けてしまったんですけど、その中でも彼らがフットサルをやっていたかと言ったらそういう訳ではないし。
プレッシングが速い中で、コンパクトにミスを誘う攻めで。フットサルの動きでバンバンつないでやるかと言ったらそうじゃない。でも、そういう水準がわかったからこそ、今年は昨年全国を戦ったメンバーが半分いるので、それを軸に新たにチームを作ってきたので。それでなんとか結果も東京代表として出たので、全国で勝てるチームを作っていきたいなと思っています。

ーーまだバーモントカップの様な大会でも、フットサルをやっているチームは少ない。
フットサルを教えることが出来る指導者が少ないというのがまずあります。自分が出来ても、子どもたちに伝えることに関して、まだ全国的に指導者が少ないんだと思います。
この間フットサルのC級ライセンスを取りに福岡へ行ってきたんですけど、やっぱり指導者不足というのを感じたし、バーモントカップという大会が、まだサッカーなんですよ。体育館でやるサッカー。
でもそれを変えていかないといけないし、そうじゃないとやっぱり日本のサッカーは上がっていかないし、日本のサッカーが変わっていく過程で、フットサルをやる選手の育成は絶対必要だと思う。

ーーフットサルというものにこだわってやっていくことが秘訣。
やっぱりこの9~12歳の育成年代でフットサルの重要性というのはこれから日本に絶対求められてくることだし、一番最初の入り口は、フットサルから入ったほうが絶対に良い。僕もブラジルにサッカーをやりに行きましたが、現地で自分も感じたことだし、自分がオスカーから学んできたことなので。それをこの年代の子どもたちに伝えていくことが、僕が今やらなきゃいけないことというか。日本のサッカーに必要なことだと思っています。やっとうちの卒業生で※Jリーガー二人目が出ました。彼らの様にうちを卒業した選手たちが、これから先に上がっていく為のきっかけを作って欲しい。この全国大会出場というのも、子どもたちにとって良い刺激になってくれればいいなと思います。

※中島翔哉(FC東京)、小池龍太(レノファ山口)

ーー子どもたちにフットサルを教えている中で重要だなと思って心がけていることは何がありますか?
基礎的なことですね。足裏を使うこと。ポジショニングを作るところとか、ポジションをとるとか。ディフェンスはサッカーとは違うので、マンツーマンディフェンスとか。相手がこうやってきたらこうしようみたいな意識とか。そういう基礎的なところを教えていくのには時間がかかったかな。

ーーバーモントカップで勝って、フットサルの重要性を示すというのはかなり重要なことになってきますね。
かなり重要ですね。今年一番プレッシャーになっていたのは、逆に良いプレーヤーがいる中で勝つということなんですね。今年良い選手いるよねっていう年は結構皆負けちゃうじゃないですか。でも今年良い選手いるよねって言われていて、僕の中ですごくプレッシャーを期してやっていたので、それで今回都代表になれたので。やっぱり今年も良い選手がいるので。その良い選手を上手く生かして、フットサルをやって、サッカーチームに勝つことが一番のテーマですね。

ーーもう1月頭にバーモントカップがありますが、目標と、自分たちが何をしたいか、何を見せたいか。
自分たちがやってきたフットサル、自分たちがやってきたことを試合で思い切って出せれば、自然と結果はついてくるかなと思っているので。簡単に勝てないのはわかっているし、皆日本一になりたいのは同じだけど、でも僕らにもチャンスはあるだろうと思います。

ーーフットサルをつきつめて。
そうですね。このファンに来て25から、ここでフットサルだけを教えて、それで食ってやってきているので、そういうプライドもあって、時代の流れもあって、ファンのアカデミーを作る経緯に至っているから。やっぱりもう選抜する中で、その子たちにどれだけ能率よくフットサルを伝えていくかということが、すごく自分のテーマになっていて、それもオスカーも一緒に考えてくれて。オスカーと一緒に種まきをしてやってきた中でのこと。
とにかく一戦一戦、東京代表として恥のないように思い切って出来ればなと思いますね。

ーーありがとうございました。

1月4~6日にかけて行われるバーモントカップ。東京都代表として、ファンアカデミーは出場する。”フットサル”で、サッカーを土壌としたライバルたちに立ち向かう彼らに注目したい。
フットサルに対するこだわりについて、ジュニア年代のフットサルの重要性について、多く語ってもらった部分については、また後日別の記事にして掲載したいと思います。

☆バーモントカップ 第24回全日本少年フットサル大会公式サイトはコチラ

☆ファンフットサルクラブ公式サイトはコチラ

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る