【関東リーグ1部】最終節 浦安セグンド・税田拓基「全国に知れ渡るくらいのキーパーにならないといけない」

16関東リーグ最終節_税田

失点を最小限に抑え、パワープレー返しから2点を決めた、浦安セグンドの税田拓基選手。

第16回関東リーグ1部最終節、リガーレ東京×バルドラール浦安セグンド戦後、浦安セグンド・税田拓基選手へのインタビューです。

ーー3-1で勝利となりました。まず全体の感想からお願いします。
まぁでもやっぱり、失点の仕方が未だに悪いものが多いので。セットプレーのマークミスだったり。そういうところを変えないと、失点が減らないので。もっと減らせると思うので。そういったところで細かい話をしていかないと、練習からもっとやっていきたいと思います。

ーープリメーロにも登録され、トップレベルを身近に感じながらプレーしていると思います。セグンドがもう1ステップ上がる為には何が必要か?
まだ自覚が足りないのかなと。1年目の選手も多いので。そういう選手がもっと自分からやっていく様にならないと。セグンドだけではなくて、プリメーロ、浦安というチームという中でどんどん強くなっていかないといけない。特に浦安は若手が少ないので、自分たちの一つ下の世代がやっていかないといけない。自分もそういう立場になってきたので、そういった部分も伝えていかないといけないかなと感じます。

ーー自身ではパワープレー返しも2本決めて貢献しました。
まぁあれはラッキーな部分もあったんですけど(笑)。結果で見せれたのは大きいのと、最終戦、絶対勝たなければいけないところで、自分で結果を出せたのは良かったと思います。

ーーこれで他力ではありますが、地域CLの可能性が残っています。
前期もこういった形でPUMACUPの予選免除があったので。またファイルに頼むようなことになっちゃうんですが、結果地域CLに行けるようになれば、結果残して、来シーズンにトップに上がる様なアピールの場も増えてくると思うので、機会をしっかり生かしたいですね。
※最終節終了後、浦安セグンドの地域CL出場が決定しました。

ーー今後についての、個人的な思い、意気込みがあればお願いします。
関東リーグは終わったんですけど、トップの方で、Fリーグはまだまだ終わらないので。そういったところで結果を自分でも出したい。そしてPUMACUPや地域CL、そういった場で自分をアピールして、もっともっと全国に知れ渡るくらいのキーパーにならないといけないと思います。

ーーありがとうございました。

☆【関東リーグ1部】最終節 浦安セグンド×リガーレ「激闘4位枠。浦安セグンド接戦制す。」

(インタビュー・写真/箕輪諒太)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る