U-18フットサル日本代表候補 GK坂佳輔「瞬発力を高めるトレーニングができた」

004

 U-18フットサル日本代表候補は22日、茨城トレーニングキャンプの2日目を迎えた。午前中には、よりフットサルに生きるフィジカルトレーニングを行い、7つのサーキットトレーニングを行った。フィジカルトレーニング後、GKの3人は別メニューでの練習を行った。その中には、2つの風船を両手で空中に浮かしながら、小森隆弘監督がラケットで打つテニスボールをブロックするという変わったものもあった。過去に経験したことのないトレーニングを振り返り、GK坂佳輔(札幌大谷高)は、「難しかった」と言い、充実の合宿の宿舎での様子も話してくれた。

●GK坂佳輔(札幌大谷高)

――風船を使った練習はどうだった?
「初めてだったので、難しかったです」

――結構、抱えていたけど(笑)?
「落とさないように、落とさないようにとしていたら、ああなっちゃいました(笑)」

――フィジカルトレーニングをやってみて?
「負荷は高いですけど、乗り越えられないものではないなと。ハァハァ言うほどきつくはなかったです。GKは瞬発力が求められるので、ああいうトレーニングはいいかもしれません。サッカーだとフィジカルは、持久的なトレーニングになってしまうので」

――大会時も代表を意識していたが、実際に合宿に呼ばれて?
「うれしかったです。でも、まだ候補なので、ずっと残れるようにやっていきたい」

――GKにはFリーグでもやっている山田選手もいるが?
「フットサルをやっている選手たちは、スライディングとか足を使うのがうまいですね。何年もサッカーをやっているので、僕はどうしても手が出てしまうんです」

――今日はグローブなしでやっていたが?
「グローブがないと、慣れていないので変な感じです。午後からの練習は付けてやろうと思います」

――残りでアピールしたいことは?
「明日は紅白戦があるので。そこでセービングと自分の得意な攻撃参加で目立ってアピールしたいと思います」

――宿舎での様子は?
「楽しいです。地方からみんな来ているので、訛りとかでいじり合っています」

――誰がひどい?
「そうですね…。静岡の人たちです。市川さんとか」

――市川選手はダメですか。
「ちょっと酷いですね(笑)」

――坂選手は「なまら~(すごくの意)」とか出ない?
「出ちゃいます(笑)。『なまらって何?』って聞かれました(笑)」

――午後も頑張ってください。
「頑張ります!」

(写真/インタビュー 河合拓)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る