【関東1部】第17節 ショーツ、ファイル抑え意地の白星奪う。 -フォトレポート

027

残留を賭けた試合が続くブラックショーツとファイルフォックスが、17節初戦に対戦。試合は、序盤から得点を量産したショーツが5-3で勝利した。

開始4分、ショーツの木村 健が前線でボールを奪うと、右サイド前方の平山 保彦へパス。平山からの折り返しをゴール前の宮下 康一が蹴りこみ、まずショーツが先制点を奪った。
ポゼッションではファイルに分があるが、フィニッシュで決めきることが出来ない。ファイルは反撃の狼煙を上げることが出来ず、後半へ折り返した。

029

序盤からペースをつかんだのはショーツ。ファイルは決定的な場面を作れずにいた。

ショーツも前半は1得点に留まったが、後半には勢いが増す。
後半開始直後、ショーツ自陣からロングパスが蹴りだされる。これに反応したのはゴール前の鈴木 健太郎。上手くヘディングで合わせてネットを揺らし、2点目を追加した。
さらに23分、キックインから飯塚 将平が中央へ蹴りこんだボールに、飯田 敏基がボレーで合わせて3点目のゴール。さらに24分には、宮下が相手を突き放す4点目のゴールを奪った。
ファイルも26分、カウンターからパスをつなぎ、田辺 凌が押し込んで1点を返したものの、29分にはショーツも反撃。飯塚がミドルシュートを決めて、5点目を奪った。

ファイルは残り9分からパワープレーを開始。32、38分には田中 惇史がゴールを決めたものの、これ以上差を詰めることが出来ずに試合は終了。5-3でショーツが勝ち点3を手にした。

041

終盤、ファイルはパワープレーから田中 惇史が2点を追加した。

 

この勝利によって、17節終了時、ショーツは順位を6位に上げた。
この試合の後、浦安セグンドが敗戦し降格が決定。残る入れ替え戦枠回避を争うファイルとショーツは、次節互いの結果が大きく順位に作用する。最終節、どちらも今まで以上の力で勝利を狙うはずだ。

※フォトギャラリーは次ページへ

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る