【関東1部】第17節 カフリンガ、ホームにてmm破り1部残留決める -フォトレポート

041

関東1部第17節最終試合は、カフリンガ東久留米とFCmmがぶつかった。ホーム開催のカフリンガは、赤いユニフォームで彩られた会場を力に、勝利を狙う。ここで勝利すれば、1部残留が決まる重要な一戦だった。

その気迫がmmを凌駕し、ペースを握ったのはカフリンガだった。11分、後方からのパスを受けた坂本 隆が、ゴール前で勢い良くシュートを突き刺し先制点を奪った。mmもカウンターからゴールを狙うが、カフリンガのDFに阻まれて流れを変えることが出来ない。

018

カフリンガの点取り屋、坂本 隆が先制点を奪い、流れをつかんだ。

19分、カフリンガの内田 淳二が敵陣中央でボールを持つと、右サイド前線に流れながらボールを保持。そのままシュートまで持ち込んで2点目を奪った。

後半に入っても、流れはカフリンガのまま進行。
32分、カウンターから早川 裕樹がボールを奪うと、そのまま素早くシュートを放ち、3点目のゴールを奪った。

037

カウンターからチャンスを作っていたmmだったが、得点には至らなかった。

mmは最後まで得点を奪えず、試合は終了。結果3対0で、ホームのカフリンガが勝利。そして、カフリンガは最終節を待たずして、自らの手で1部残留を確定させた。

※フォトギャラリーは次ページへ

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る