【関東1部】リガーレ東京 松浦 英「西野が監督で、優勝させたいという思いが強かった。」

ーーさっき西野さんにインタビューした時に、選手たちにも理不尽な言い方をしてしまったこともあるけども、それでもついてきてくれてここまでやってくれた選手たちはすごいと言っていました。松浦さんも西野さんとともに、チームを引っ張ってきたと思います。
「今シーズンは西野が監督で、優勝させたいという思いが強かった。今までは親友として付き合ってきたけど、あいつを監督としてリスペクトして、あいつの言っていることに対しては従順に従うと。それをやって結果が出てきているから。今年は昔の様に仲の良い話も出来なかったけど、そういう付き合いもこの1年は重要だったかなと思いますね。彼の言うことをちゃんと聞いて、そういう付き合い方をしてきたから。これからは親友としての付き合い方も出来れば良いかなとも思いますね」

ーー監督と選手という立場を徹底していた。それだけ優勝というものに賭けるものが強かった。
「あいつも割りきって、厳しいことも言ってくれたので。俺は頑張るしかなかったし。もちろんむかつくこともあったけど、我慢しました(笑)」

ーーリガーレは終盤に首位に立って、最後も簡単ではなかったと思います。今季を振り返ってみて何を思うか、なぜ勝てたのか。松浦さんの視点だとどう捉えていますか?
「今までデルソーレからリガーレに変わって1年間やった中で、皆一番仲が良かったかなと思います。フットサル以外で良く喋るし、年下が上をいじったり、フットサル以外での付き合いが多かったというか。特に合宿もあって、フットサル以外での時間が多く、より仲が深まった。誰とは気まずいとかそういうのもなかったし。そういう付き合い方が良かったのかなと思いますね。それが良かったんでしょうね。あとは…リガーレは純粋なヤツが多いというか、あんまり文句を言う奴もいないし。そういうヤツが多かったから勝てたんだと思います」

ーーこの結果が出るまで、デルソーレからも含めて本当に長かったと思います。東京都から上がってくる時も、関東1部へ上がってくる時も苦しかったとおもいますし、ここまで遠い道のりでしたね。
「いやー本当に長かったですねやっぱり。Fリーグから都リーグに行った時、それでも勝てなかった時期があって、本当に辞めたくなった時期もあったんですけど。やっぱりどこかで、関東リーグで優勝したいという気持ちがあって。何年も我慢してやってきて、やっとここで成果が出て。僕自身が、12年ぶりに優勝したのかな。シャークスの最初の時。そういうのも経験すると、フットサル人生が変わるから。若い選手には経験させてあげたいなと思っていました」

ーーこれで終わりではなく、地域CL、全日本につながります。この2つはどう見てます?
「僕にとっては、これは1年間やったご褒美だと思っていますね。全国行けば行くほど、色んなチームとやれて、地方へも皆で行けるし、Fリーグのチームとも出来るというのはすごく大きな経験だと思うので。あとはFリーグで一緒にやっていたメンバーともようやく対決出来る可能性がある。岡崎チアゴ(神戸)とか、水上玄太(北海道)、神敬治(北海道)とか。そういった選手たちと対戦したいなと思いますね。やっとチームで、ここまで来れたなと」

ーーあとは、そこを楽しみに、楽しむだけになるんですかね。
「そうですね。俺は(笑)」

ーーありがとうございました。

(写真/文 箕輪諒太)

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る