【関東1部】浦安セグンド×ショーツ 両者譲らず勝ち点1分ける -フォトレポート

c043

SuperSports XEBIO 第17回関東フットサルリーグ1部 by PENALTY 第1節、この日最初の試合は、バルドラール浦安セグンド×ブラックショーツ。

開始1分、浦安セグンド・浅野佑多が蹴りこんで先制点が生まれるも、4分にはショーツのゴレイロ・冨沢孝輔のスローから前線へつながり、最後は芝川恵彦が決めて1-1の同点に。
前半はこれ以上スコアが動かず終了するが、ショーツが頻繁に攻撃を繰り返し、浦安セグンドが押されている印象。

後半、互いにチャンスを作りながらこう着状態が続いたが、試合終了まで残り6分の場面。ショーツの5ファウルから浦安セグンドが第2PKを得る。これを宮崎岳がしっかり蹴りこんで2-1。再び浦安セグンドがリードを得た。
1点を追うショーツは、残り少ない時間パワープレーで勝負に出る。敵陣を5人で攻め立てると、終了まで残り2分、左サイド奥の平山保彦が勢い良くグラウンダーシュートを放ち、これが上手くネットを揺らした。

平山渾身のシュートで2-2の同点に追いついたショーツ。なおも攻撃を加え続けるが、これ以上の得点はなく試合は終了。関東1部開幕初戦は、2-2の引き分けで幕を下ろした。

※フォトギャラリーは次ページへ

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る