【PUMA CUP 2015】関東大会準決勝 ゾット×mm「ゾットmm下し、5年ぶりの全国出場決める。」

036

ファイルを倒し勝ち上がったmm。勢いのままゾットに挑んだが、ペースを握ったのはゾット側だった。

前半から、mmはアグレッシブなプレスでボール奪取を狙う。ゾットはそれを受け止めながらも、プレス回避からチャンスを作り出していく。
mmは素早く攻撃に転じ、頻繁にシュートを放っていくが、ネットを揺らす瞬間は遠い。

14分、先制点を奪ったのはゾットだった。ゾットのコーナーキックから丸山淳がゴール前へボールを蹴りだすと、ディフェンスに当たりゴールへ。思わぬ形でスコアが動いた。

前半は1-0のゾットリードで終了。mmも積極的な攻撃を見せるが、ゾットのディフェンスを崩しきることができない。
後半は拮抗した場面がより増え、シュート数も減った印象。互いにチャンスで前線へ抜け出す場面も多いが、ゴールへはつながらない。

再び試合が動いたのは終盤。37分、ゾット・加藤貴行が右サイド前線からのキックイン。蹴りだしたボールは、ゴール前の小笹祐介が押し込み、ゾットに追加点が生まれた。

さらに1分後、右サイドでゾット・武内新之介がドリブル突破から前線へ抜け出すと、ゴール前へ滑り込んだ松田啓介が蹴りこみ3点目。

このまま試合は終了。ゾットが3-0でmmを下し、決勝進出が決定。
そして2009年以来5年ぶりとなる、全国出場も同時に掴んだ。

【PUMA CUP2015】関東大会最終日結果 ゾット早稲田が大会初優勝飾る。

【PUMA CUP 2015】関東大会準決勝 カフリンガ×浦安セグンド「浦安セグンド2年連続全国決める」


2/1(日)PUMACUP2015 関東大会準決勝

会場:栃木市総合体育館

ゾット早稲田 3-0 FC mm

(写真・文 箕輪諒太)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る